くぅのこんなん獲れたどぉ

魚介類の豆知識 くぅのエッセイ


当サイトをご覧になるには最新のFlashPlayerが必要です。
下記よりFlashPlayerをダウンロードしてインストールして下さい。
FlashPlayer supported by NA

くぅのエッセイ

ウニのお話し

「うに」言うても、色々あるんじゃろうが、津和地じゃ、夏に獲れる、「赤うに」と、
冬に獲れる「黒うに」じゃな。 わしらは、知らんかったんじゃが、
夏に獲れる「赤うに」なんかは「幻のうに」とか言われよるらしいで。
北海道なんかの「バフンウニ」とか有名じゃろうけど、身は大けぇんじゃが、
味は大味じゃなぁ。 わしらの「うに」は、身は一粒、一粒小せぇけど、甘もうて、
濃いいて、まぁ、これ食うたら、他の「うに」は食えんで。
「ミョウバン」ゆう凝固剤を使うて、色や、身が崩れんようにするのが普通じゃけど、あんまり入れたら、旨うなくなるけんな。
わしらは、殆ど入れん。旨いけど、日持ちはせんで。


イカのお話し

「いか」言うたら、「モイカ(アオリイカ)」じゃな。 そら、他のイカとは全然違うで。
もの凄う甘うて、濃いいけん刺身なんか、普通のイカみたぁに、 切ったら、
味が濃すぎるけん、「いかソーメン」みたぁに細うに切って 食うんじゃ。
わしらの島じゃ「モイカ」ゆうんじゃけど、よそでは「アオリイカ」言うらしいな。
藻(も)に卵を産み付けるから、「モイカ」耳(ひれ)を煽って泳ぐけん、「アオリイカ」言うらしいで。 刺身も最高じゃが、わしは一夜干しの方がええなぁ。
一夜干しのイカが汗かくぐらぁまで炙って、マヨネーズと七味で食うんじゃが、なん言うても、身がぶ厚うて、甘うて、たまらんで。
普通は売りよらんじゃろうけん、食うたことないじゃろうけど、 酒がなんぼでも進むで。


ナマコのお話し

「なまこ」にも種類があってなぁ。「赤なまこ」「青なまこ」「黒なまこ」季節によって獲れる種類も違うんじゃが、お勧めは何言うても「赤なまこ」よ。そりゃぁもう、肉厚でなぁ。大根おろしと、イリコ(イワシ干したもの) をみじん切りにしたんを入れて、ダイダイかカボスを搾って入れて食うたら最高よ!
無かったらポン酢でも良いけどな。昔の人は、よぅ小さい子供のオネショとか、年寄りのトイレの近い人に食わせるとえぇ言よったなぁ。


サザエのお話し

ウチらの島(津和地)は、潮の干満の差が大きい時で5メールにもなるんで、潮流が激しくてなぁ、水温が3、4月で、10度前後から、9月で27、8度ぐらいまで差があるんよ。山口県、広島県に近いけん、色んな所から雪解け水が流れて来てなぁ、プランクトンが多くて海藻がようけあるけん、良う太った、身の絞まったサザエが獲れるんじゃ。島じゃぁ、大けぇサザエは、刺身で、中ぐらいは、壺焼きにするなぁ。
小せぇのは、サザエ炊き込み御飯やら、天ぷらが良いのぉ。尻尾が、青色は、ちぃと苦いけど旨い。黄色は、甘くて旨い。外から見たんじゃ判らんけどな。


アワビのお話し

刺身にするのにえぇあわびは、あわびの王様「黒あわび」よ。肉厚でコリコリと磯の香りは、たまらんよ。他には、メガイもええで。島じゃぁ、「メダカアワビ」言よるんじゃが、「黒あわび」より身が柔らこうて、火を通す料理に最適なんよ。「黒あわび」より、ちぃと安いんじゃ。あわびには年輪があってな、カラの所に筋が入っとって、その数を数えたら、何年生きちょるんか判るんじゃ。